Sponsored Link

デイ・アフター・トゥモロー:The Day After Tomorrow

4.0
映画・映像

ISSに滞在していたスタッフは、その後無事に地球に戻れたのだろうか

超低温の巨大な雲をISSから眺めるシーンで地球の存在をあらためて考えさせられます。

気象学の研究者が地球温暖化が進んでいるなか、近々、氷河期が到来しすると危惧していたけれども、政府に相手にされず、気づいたら大寒波が発生し、人々がこの危機を乗り越えていく災害映画です。

新聞の1面広告に氷に埋もれた自由の女神は印象に残っています。そういえば、このシーンは猿の惑星を思い出しました。

地球規模の災害映画には、人工衛星など航空宇宙技術が欠かせないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました