Sponsored Link

ARDBEG IN SPACE

雑貨/食品

2011年から3年間程度ISSに保管されていたらしい

お酒のことは全くわかりませんが、ARDBEG(アードベッグ)という名前は聞いたことがあります。そのARDBEGがNanoracks(https://nanoracks.com/)の協力の元、宇宙空間においてどのような味わいになるのかの実証試験としてISSに運ばれて3年程度寝かされていたようです。

BBCでの記事によると,地球のサンプルと宇宙空間のサンプルで以下のような違いがあるようです。DEEPLで日本語翻訳を行ってみました。

地球のサンプル

Earth sample: “The sample had a woody aroma, reminiscent of an aged Ardbeg style, with hints of cedar, sweet smoke and aged balsamic vinegar, as well as raisins, treacle toffee, vanilla and burnt oranges.

“On the palate, its woody, balsamic flavours shone through, along with a distant fruitiness, some charcoal and antiseptic notes, leading to a long, lingering aftertaste, with flavours of gentle smoke, tar and creamy fudge.”

サンプルは、熟成されたアードベッグスタイルを思わせるウッディなアロマで、杉、甘いスモーク、熟成したバルサミコ酢のほか、レーズン、トレハルトフィー、バニラ、焦げたオレンジの香りが感じられました。

口に含むと、ウッディーでバルサミコの風味が輝き、遠くの果実味、炭、防腐剤のようなニュアンスも感じられ、穏やかなスモーク、タール、クリーミーなファッジの風味が長く続く余韻につながります。

宇宙のサンプル

Its intense aroma had hints of antiseptic smoke, rubber and smoked fish, along with a curious, perfumed note, like violet or cassis, and powerful woody tones, leading to a meaty aroma.

“The taste was very focused, with smoked fruits such as prunes, raisins, sugared plums and cherries, earthy peat smoke, peppermint, aniseed, cinnamon and smoked bacon or hickory-smoked ham. The aftertaste is intense and long, with hints of wood, antiseptic lozenges and rubbery smoke.

その強烈な香りは、防腐剤の煙、ゴム、燻製魚などのニュアンスとともに、スミレやカシスのような不思議な香りのノートと、力強い木のトーンがあり、肉のような香りにつながっていくのだ。

“プルーン、レーズン、砂糖漬けのプラムやチェリーなどのスモークフルーツ、土っぽいピートスモーク、ペパーミント、アニスシード、シナモン、スモークベーコンやヒッコリースモークハムなど、非常に集中力のある味わいが特徴的であった。後味は強烈で長く、木の香り、防腐剤入りのトローチ、ゴムのような煙が感じられる。

テイスターによる評価のようですが、大きく味が異なっているようです。
お酒は、熟成環境によって違うと言いますが、宇宙空間においては、空調等がしっかり管理しているはずなので、重力が低いことによる影響?

将来、スタートレックやSF映画のように宇宙空間においての生活が一般的になるようになるのは間違いないと思います。

熟成させる食材や発酵食材などのもこれから宇宙空間で実証試験がされていくのかなと思います。

酵母として恐れられている納豆菌などどんな影響がでるのか気になるところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました